本文へスキップ

越生町・川越市・東松山市等埼玉県西部のエクステリア・外構工事は『エクステリア工房』にお任せください!

350-0403 埼玉県入間郡越生町大字大谷230-1

私たちがお手伝いいたしますHEADLINE

「エクステリア工房」こと、株式会社深田土建の3代目、深田和孝です。
私たち夫婦がエクステリアに関するお客様のイメージを実現する、課題を解決するお手伝いをさせて頂きます!
建設工事の会社というと、「職人の人は取っ付きにくい」、「どんな人が来るのか分からなくて不安だ」、と言ったご心配があるかもしれません。
そこで、私がどのような人間で、普段どんな想いで日々の仕事に臨んでいるか、簡単ではありますが、ご紹介させて頂きたいと思います。

土建屋の3代目として実家稼業を引き継ぐまで・・・

私は、1976年5月9日、株式会社深田土建の3代目(長男)として生まれました。

小学生の頃から庭に置いてあった会社のユンボ(穴を掘る建設機械)を乗りこなしていたそうな…。
でもそれ以外は近所の友達とカブトムシを採ったりファミコンをしたりと、普通の活発な男の子でした。

中学時代はテニス部に所属。生徒会の書記も務めました。
高校は川越東高校に進学。
少林寺拳法部の主将を務めました。
一応主将でしたが、自分で言うのも何ですがとてもリーダーシップがあるとは思えない性格だったため、今となってはほろ苦い思い出です(苦笑)。

高校卒業後、実は理系が苦手だったため城西大学の経営学部に進学。
授業が無い日は実家でバイト(父親からしてみれば跡継ぎとして、土木科のある大学に進学してもらいたかったようですが…)。
しかしやっぱり土木の基礎知識も必要と思い、大学在学中に中央工学校の夜間土木科に通いました。
僕の地元の越生(「おごせ」と読みます)から学校のある王子まで、片道約2時間かかるのに加え、授業は18時から21時まであったので、帰りはいつも23時頃。。。
今では土日休みは当たり前ですが、土曜は普通に授業、日曜も月に1回ですが測量の実習がありました。

そんな生活を何とか2年間続け切り、卒業時にはなんと「学校長賞」を頂きました!

卒業後は修行のため、実家の土木会社ではなく東松山市の建設会社に就職。
その会社は外構・エクステリア工事はもちろんですが、公共工事も請け負っていましたので、工事の種類が非常に多く、覚えることがたくさんあり大変でした。
5年で基本的な工事をマスターしようと頑張り、4年目に実家の会社に戻りました。

今、振り返れば、中央工学校に夜間通った経験が今の仕事にも生かされているような気がします。
     

お客様のとやり取りの中で生じるやりがい・・・

小さい頃からこの環境に馴染んでいたので、自然とこの業界に入っていましたね。
今も外構・エクステリア工事と公共工事を請け負っているので、4年間の修行が随所に生かされています。

僕は外構・エクステリア工事を中心に見積りをしたり、イメージパスを作成するだけでなく、現場で監督や作業もします。業務の全般に携わっているので、あらゆる段階において適切なアドバイス、最適な提案をすることができます。

イメージパースを作成してお客様と打ち合わせしている中で、
「このデザインかっこいい」
「これおしゃれでいいですね」
と言ってもらったデザインが段々実際に形になっていき、お客様と一緒に喜びを共有できるのが嬉しいですし最大のやりがいですね。
     

今の仕事で嬉しかったこと・・・

最近では、デザイン力が評価されて「LIXIエクステリアコンテスト2012」で入賞しました。
埼玉県西部ではこの賞に選ばれたのはウチだけでしたので、かなり嬉しかったですね。

外構・エクステリア工事は後々まで形に残るやりがいのある仕事です。
全ての現場の作業がコンテストに入賞する、という気持ちでこれからも行っていきたいと思っています。
     

「越生」という故郷で仕事をするにあたっての想い・・・

40年以上続く土建屋の3代目として地元で仕事をしているので、やっぱり故郷「越生」に対する気持ちには熱いものがあります。

実家に戻ってすぐに消防団、商工会青年部に参加しました。

また、今年から商工会青年部では部長を務めさせていただいており、越生のゆるきゃら「うめりん」の誕生に携わったり、文化祭の企画・運営など色々な地域事業にも参加しています。
     

3代目としての苦労・・・

「3代目というのは、会社を大きくするか、ダメにするかどっちかだよね」
とよく聞きます。

確かに、何もない所から会社を立ち上げた初代は、自分たちには分からないものすごい苦労をしていると思います。
しかし、初代が作り上げた会社を時代の変化にあわせ、維持・発展・成長させていく責任を負った2代目、3代目もそれを継ぐ者として、大きな苦労とプレッシャーを背負っており、中々大変なものです。
     

結婚して仕事に対する気持ちの変化・・・

私ごとで恐縮ですが、2009年に結婚をし、今では子供も一人授かることができました。
正直不安定な自営業で不安もあります。
でも、いい仕事を適正な価格でお客様にご提案し続けていれば、きっと素晴らしいお客様に巡り合え、さらに今の仕事に自信を持ち、自分が2代目にしてもらったように、将来の次の世代、4代目、5代目にいい形でバトンタッチすることができると信じています。

妻も園芸の資格を取得し、造園・庭園にも仕事の幅を徐々に広げていく予定です。
さらに頑張らないといけません。
     

最後に・・・

近年、インターネットからのお客様が増え、カタログやパースを見ながらの打ち合わせが増えてきました。

今までは自宅の一室を事務所代わりに使っていましたが、お客様と落ち着いてジックリお話しさせて頂くため、現在、もともと事務所があった土地に自宅兼事務所を建築中です。
田舎なのでちょっと大きめに土地があるので(価値自体はそんなにないですが^^;)、新しい打ち合わせスペースに加え、お客様により具体的なイメージをして頂くためにも展示スペースを併設しようと考えています。

「思い立ったが吉日」・・・

僕がとっても好きな言葉です。

3代目として事業を本気で引き継ぐと決めた以上、しっかりしなくてはいけません。


地域No1の建設会社を目指して邁進中です!!!



当工房は「ディーズガーデン」の特約店です


当工房はスタンプコンクリート専門メーカー
「MAT」の特約店です